<< 村岡魯檀 陶展 ― アンティーク・モダンの世界 ― | main | 墨に酔う。春。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ARTS & CRAFTS
Mandala Design sachi です。

「生活と芸術―アーツ&クラフツ展」
ウィリアム・モリスから民芸まで @ 東京都美術館



(こちらは京都国立近代美術館で開催時のもの)


楽しみにしていました。
集められたものは、自分にとっては垂涎の的となるものばかり。
アーツ&クラフツとは、19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動。
手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見し、シンプルなライフ
スタイルを提案することを志していた。

今回の企画展は、ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、ウィーン
工房がひときわ輝いたヨーロッパ、そして民芸運動が花開いた日本での
美しい作品などからたどるというもの。



― 装飾芸術の殿堂、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)
との共同企画で、V&Aと国内の美術館などから、家具、テーブルウェア、
ファブリック、服飾、書籍やグラフィック・デザインなど約280点を一堂
に出品します。―


自分はウィーン分離派の作品群に特に惹かれているので、
そのコーナーがやはり一番見応えがあった。
ウィーン分離派とは、 1897年にウィーンで画家グスタフ・クリムトを
中心に結成された新しい造形表現を主張する芸術家のグループ。


コロマン・モーザー 第13回ウィーン分離派展ポスター


グスタフ・クリムト 第1回分離派展ポスター(検閲前)
(こちらの展示はありません)


ヨーゼフ・ホフマン、オットー・ヴァーグナー、マッキントッシュ
らの作品が素晴らしい。
いずれもその時代の息吹を感じさせ、洗練された美にうっとり
してしまう。





チャールズ ・レニー・ マッキントッシュの椅子
(これらは企画展とは関係ありません)



そしてこの企画展、ポスターやチケットなどのグラフィックの
センスがまたよかった。


チラシの裏面とパターン違いのチケット


これらは、Glanzの大溝裕氏の手によるもの。
昨年末にサントリー美術館で行われたピカソ展のデザインも
彼らのお仕事だそうだ。
的確さと美しさを兼ねたアプローチは秀逸だと思う。




「生活と芸術―アーツ&クラフツ展」ウィリアム・モリスから民芸まで
は、上野の東京都美術館にて4月5日まで。



(ちなみに自分はウィリアム・モリスはリビングの壁紙にしてしまう
くらい好き!)

我が家の壁紙!




| アート | 00:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:38 | - | - | pookmark |
コメント
sachi
素敵すぎる!
格好よすぎる世界!

芸術的な表現の世界に
ただただ酔いしれるばかり。

私もピカソ展行きました。

sachi宅の壁紙も実際に見ないとな
お願いします
| miho | 2009/03/31 4:59 PM |
了解也!
| sachi | 2009/04/01 8:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karakusaclub.jugem.jp/trackback/22
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

>>> haru.Japan in Shanghai

>>>唐草倶楽部 TOP

唐草倶楽部

>>> haru.Japan TOP

haruJapan

>>> aoharu-earth TOP

aoharu_earth

>>> KARAKUSA Cafe 2010

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS