<< 「ルドルフ・シュタイナー展 天使の国」 | main | イマジネーションの重層域『and/or展』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「2014ONION感謝祭★展」
Mandala Design sachiです。お暑うございます。


麻布十番にあるアートギャラリーAzabujuban Galleryにて催されたONION(鬼塚哲郎)氏の『2014ONION感謝祭★展』(8月18日まで)に行ってきました。






自分の部屋に飾りたくなるような比較的小ぶりの絵や、
くすりとしてしまうようなかわいらしいオブジェなどが展示された空間は、
あたたかい雰囲気に満たされていました。
モチーフは龍や天使や仏様。



(Azabujuban Galleryサイトより転載)



ONIONさんの作品に特に強く感じるのは、colors!色彩の豊かさ。
気持ちのよい配色。
ご自身が楽しみながら色を選び、描かれたのだろうな、なんてことを考える。見ているこちらも幸せな気分になり、彩りのあるこの世に生まれてよかったなーなんて思ったりした。







ONIONさんには、当唐草倶楽部でお手伝いさせていただいた「神に捧げる芸術祭」(2012 於:酒折宮)でも出品していただいたことがある。その中でもわたしが大好きだった作品群はこれ。





まったくもってかわいらしいなぁ。


途中、(自称?)テノール歌手でもあるONIONさんはイタリア歌曲をご披露くださいました。
その素晴らしい歌声にご来場の皆さんも酔いしれておりました。






ONIONさんは、今年10月よりイタリアに移住されるのだということ。
あちらではあらたな形の作品作りに挑まれるのだという。
これからの展望について話されるONIONさんの目は、それはもうキラキラとしていた。
自分も(何にだかわからないけど)頑張るぞ!という気にさせられた。ありがとうございます。


今、もっとも愛を感じさせる芸術家、ONIONさんの未来に乾杯!



| アート | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karakusaclub.jugem.jp/trackback/141
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

>>> haru.Japan in Shanghai

>>>唐草倶楽部 TOP

唐草倶楽部

>>> haru.Japan TOP

haruJapan

>>> aoharu-earth TOP

aoharu_earth

>>> KARAKUSA Cafe 2010

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH

SPONSORED LINKS